退職代行

【注意】退職代行の問題点と5つの注意点を解説【損しないために知っておきましょ】

【注意】退職代行の問題点と5つの注意点を解説【損しないために知っておきましょ】
Sponsored Link

 

  • 退職代行を利用したいけど失敗したくない!
  • 退職代行の問題点や注意点を知りたい

 

上記の悩みや疑問を解決します。

 

◆本記事の内容

  • 退職代行とは
  • 退職代行が失敗する5つのケースとトラブル
  • 退職代行利用における5つの注意点
  • 悪徳な退職代行の見分け方
  • まとめ:退職代行の注意点と問題点

 

退職代行で1番大切なことは『安心で安全な退職代行を選ぶこと』

 

ですが利用者自身が問題点や注意点を知っておくことでトラブルを減らしスムーズな退職を可能にします。

 

ぜひ退職における問題点と注意点を理解しておきましょう。

 

Sponsored Link

【利用する前に知っておきたい】退職代行とは

【利用する前に知っておきたい】退職代行とは

 

退職代行とは『本人に代わって弁護士や退職代行業者が会社に退職の意思を伝えてくれるサービス

 

ハヤマ

  • 人手不足なので退職しにくい
  • 入社したばかりで自力では退職しにくい
  • 何度言っても仕事を辞めさせてはもらえない

 

上記のように『ブラック企業の理不尽や辞めたいと言えない環境にいる人におすすめなサービス

 

退職代行のサービス内容

 

会社が簡単に辞めさせてくれないという悩みを持つ方の代わりに退職届を提出

 

退職代行の利用の流れはとても簡単。

退職の流れ

  1. 退職代行の会社を選ぶ
  2. 担当者に相談する
  3. 申し込み(振込)
  4. 退職代行業者が会社に連絡

 

直接相談せずにLINEでの相談も可能。

退職代行は若い人を中心に利用者が増えてます。

 

退職代行の4つのメリット

 

退職代行のメリットは大きく4つ。

 

4つのメリット

  1. 即日に退職が可能
  2. 転職サポートがある会社がある
  3. ほぼ100%の可能性で会社を辞めることができる
  4. 上司や同僚と顔を合わさずに辞めることができる

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

退職代行のメリット1:即日に退職が可能

 

連絡した次の日から行かなくていいのは退職代行のメリット。

 

即日退社が可能な退職代行は下記で紹介しています。

 

関連記事:
【最新】退職代行はどこがおすすめ?【安心で安い厳選3つを紹介】

 

退職代行のメリット2:転職サポートがある会社もある

退職代行のメリット2:転職サポートがある会社もある

 

退職後に転職サポートがある退職代行があります。

 

退職代行【EXIT】は指定の総合転職エージェントから転職が決定した場合『代行費用を全額キャッシュバック

 

書類作成のアドバイス、面接対策を含め、費用は全部無料!

 

退職代行のメリット3:ほぼ100%で会社を辞めることができる

 

退職代行を利用すればほぼ100%で退職可能。

 

「辞表を提出しても受理してもらえない」などの心配はありません。

 

退職代行のメリット4:上司や同僚と顔を合わせずに退職できる

 

退職代行を利用する1番多い原因が人間関係。

 

  • 嫌いな上司に自分で退職届を出したくない
  • 退職届を提出後、退職まで会社にいるのが嫌

 

退職代行を利用すれば上記の心配はなし。

 

退職代行を利用すると早ければ即日から上司や同僚と顔を合わせずに済みます。

 

退職代行のデメリット

 

退職代行のデメリットは大きく2つ。

 

デメリット

  • 退職に費用がかかる
  • 悪質な退職代行に依頼してしまう可能性もある

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

退職代行のデメリット1:退職に費用がかかる

 

退職代行にはもちろんお金がかかります。

相場的には20,000万円から30,000円くらいでしょうか。

 

安すぎる業者は悪質な業者が多く「会社を辞めることができなかった」「会社から訴えられた」などの可能性があるので選んだらダメ。

 

安くて安心のおすすめの退職代行を【たった2万・3万?】退職代行の費用はいくら?【激安で辞めたい人向け】で紹介してます。

 

退職代行のデメリット2:悪質な退職代行に依頼してしまう可能性もある

 

退職代行に一般企業がお金儲けのために手を出していることがあります。

 

弁護士法資格を持たない業者が『退職届を代わりに提出する以外の法律事務』に該当する行為を行うのは違法。

 

2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が適用(弁護士法77条)

 

悪質な退職は実績を得られないので安い業者の場合が多い。

 

◆悪徳退職代行のチェックポイント

  • 株式会社など普通法人が運営している
  • 労働組合なのに代金の振込先が株式会社になっている
  • 金額がとにかく安い

 

上記の3つにはとにかく注意。

 

振込後に連絡が取れなくなる可能性もありますし、弁護士法に違反して犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も大です。

 

退職代行を使うことをおすすめする人

 

◆退職代行の利用をおすすめする人

  • 会社に行かずに退職したい
  • 有休を消化してから退職したい
  • 退職したいけど上司に伝えづらい
  • 人手不足だからやめさせてもらえない
  • 退職後に自分に連絡がこないようにしたい
  • 退職の意思を伝えたが辞めさせてもらえない

 

上記に当てはまる人は退職代行の利用をおすすめ。

 

退職を会社が拒否することに法的根拠が無いことがほとんどありません。

 

代行サービスを通じて退職の申し出をすれば、退職を実現できる可能性は極めて高いです。

 

ハヤマ
会社内の悩みは
本人じゃないとわからない!!

 

退職代行が失敗する3つのケースとトラブル

退職代行が失敗する3つのケースとトラブル

 

退職代行を利用すればほとんどの場合は退職可能。

 

今から述べる退職代行で失敗するケースは安い退職代行などを利用した場合に起こる可能性がある事象です。

 

退職代行失敗例

  • 退職させてもらえなかった
  • 会社からの嫌がらせに合う
  • 損害培養を請求される

 

それぞれ解説していきます。

 

退職代行のトラブル1:退職させてもらえなかった

 

悪質な退職代行業者に頼んで退職に失敗するということがあるらしいです。

 

確実に退職したい方は退職率100%の退職代行【EXIT】を利用しましょ。

 

退職代行のトラブル2:会社からの嫌がらせに合う

 

ほとんどの会社は退職代行が退職の話を切り出した時点で納得してくれます。

 

また退職代行業者も本人には連絡しないように伝えてくれますが電話がかかってくる場合などがあるらしいです。

 

そのような場合は退職代行に相談してください。

とりあえず電話には出なくていいです。

 

退職代行のトラブル3:損害賠償を請求される

 

これもほとんどありえませんが可能性として、一応説明。

 

トラブルになり損害賠償を請求される可能性が0ではありません。

 

ですが損害賠償請求には費用と手間がかかり、『会社側にはデメリットしかないのでほとんど損害賠償請求される心配はありません』

 

これらのトラブルを防ぐために今から述べる退職代行利用における5つの注意点をしっかり目を通してください。

 

退職代行利用における5つの注意点

退職代行利用における5つの注意点

 

退職代行選びも大切。

 

ですが『利用者が正しい知識や注意点を事前に知っておくことでトラブルを未然に防ぐことが可能

 

また優れた代行会社を利用しても利用者に問題があった場合はトラブルを防ぐことはできません。

 

退職代行を利用する際の注意点は大きく5つあります。

 

  • 【注意点1】安い退職代行を利用しないこと
  • 【注意点2】親や親族のなりすましは絶対にだめ
  • 【注意点3】会社から要求されたことは迅速に対応すること。
  • 【注意点4】退職理由を明確にして会社が納得できる理由をのべること
  • 【注意点5】退職の希望やわからないことは事前に退職代行に伝えること

 

トラブルを防ぎ、スムーズに退職する注意点を解説。

 

【注意点:1】安い退職代行を利用しないこと

 

安い退職代行は多くのデメリットがあります。

  • 後から追加料金を取られる
  • 会社を辞めれない場合がある
  • 会社から訴えられる可能性がある

 

安いからといって選ぶのが1番危ない。

 

【注意点:2】親や親族のなりすましは絶対にだめ

 

心配させたくないので退職をしたことを両親に知られたくない気持ちはわかります。

 

ですが退職代行業者に親や親族のなりすましを希望することは絶対にやめましょ。

 

のちにトラブルになった時とても面倒なことになります。

 

なるべく他人に知られずに辞めたい方は【ばれる??】退職代行の利用を転職先や親・友人にばれないようにする方法を参考にしてください。

 

【注意点:3】会社から要求されたことは迅速に対応すること

 

会社から要求されたことはすぐに対応しましょ。

 

通常退職代行を利用した場合は退職代行がすべて行ってくれます。

 

ですが『制服の郵送やクリーニング、返却物の郵送はあなたがしなければいけない可能性があります

 

また退職届を退職代行に提出することが遅れることもNG。

 

退職代行時に人事担当者が即日退職を了承していても退職届が届かなければその間は無断欠勤扱いになり、長引けば懲戒解雇の対象となる可能性もあります。

 

会社から要求されたことはすぐに対応しましょ。

 

【注意点:4】退職理由を明確にして会社が納得できる理由をのべること

 

退職理由を明確にして会社が納得できる理由を述べましょ。

 

あいまいな理由だと会社も了承してくれず、やめることはできるとしても退職までに時間がかかっていしまう場合があります。

 

これに関しては退職代行の担当者に相談したら大丈夫でしょう。

 

【注意点:5】退職の希望やわからないことは事前に退職代行に伝えること

 

退職に必要な情報や希望・確認しておきたいことは事前に漏れのないよう退職代行サービス事業者へ伝えましょ。

 

後から付け加えて希望を述べても、希望がかなえられない場合があります。

 

  • 有給消化したい
  • 離職票がほしい
  • 実際の退職日の日付を変更してほしい

 

上記の希望はあらかじめ頼んでおきましょ。

 

また私物の返却に関しても伝えておくと便利ですね。

即日に退職した場合は自分のロッカーの中身は残ったまんま。

 

どこに何があるのかを的確に伝え、それは返却が必要なのか破棄して良いのか事前に退職代行サービスに伝えておくとスムーズに退職することができます。

 

失敗しないために!悪徳退職代行の見分け方

失敗しないために!悪徳退職代行の見分け方

 

悪徳退職代行の見分け方は3つ!!

 

  • 株式会社など普通法人が運営している
  • 労働組合なのに代金の振込先が株式会社になっている
  • 金額がとにかく安い

 

それぞれ解説していきます。

 

株式会社など普通法人が運営している

 

退職代行は第三者を使っての伝言や代理人による交渉は『法適合組合の合同労働組合か弁護士でなければ弁護士法に違反する危険性が強く、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性が高い

 

安心して問題なくに退職するのであれば 退職代行【ガーディアン】のように法適合の合同労働組合に頼むのが必須。

 

ハヤマ
本記事内で紹介しているような
有名企業なら安心。

 

労働組合なのに代金の振込先が株式会社になっている

 

労働組合運営となっていても、振込先銀行口座名義などが株式会社や個人名義なっていたら危険です。

 

労働組合や弁護士を装った業者もいるので注意が必要。

 

金額がとにかく安い

 

振込後に連絡取れなくなる詐欺業者に注意です。

 

また詐欺会社でなくても『料金を安く見せているところは雇用形態、連絡回数、取次内容などによる追加料金が後から発生するケースが多い

 

「辞められなかった」・「会社から訴えられた」などのトラブルもあるらしいので安さに騙されてはいけません。

 

まとめ:退職代行の問題点とは?【注意点はたった5つ】

まとめ:退職代行の問題点とは?【注意点はたった5つ】

 

退職代行は『今すぐやめたい人や、ブラック企業から今すぐ受けだしたい人にとって有益なサービス』

 

問題なくスムーズに辞めるためにも退職代行は労働組合法に基づいた【ガーディアン】や人気の高い【EXIT】などに申し込みましょう。

 

できるだけ安い値段で安心の退職代行は【たった2万・3万?】退職代行の費用はいくら?【激安で辞めたい人向け】という記事を参考にしましょ。

Sponsored Link

-退職代行

Copyright© ハヤマブログ , 2020 All Rights Reserved.