仕事の悩み

【最新】やりたくない仕事は続けるべき?辞めたほうが3つの判断基準

【最新】やりたくない仕事は続けるべき?辞めたほうがいい人の3つの条件
Sponsored Link

 

  • やりたくない仕事が多い。
  • やりたくない仕事も続けるべき?
  • やりたくない仕事を辞めたほうがいい判断基準とは?

 

上記の悩みを解決します。

 

 

ハヤマ
まずは以下のツイートを
見てください。

 

 

上記ツイートで分かるようにやりたくない仕事で悩んでいる人はあなた以外にも多い。

 

本記事では『やりたくない仕事を続けるべきなのか?辞めたほうがいい3つの判断基準』解説しています。

 

この記事を読むことで、あなたがすべき行動が明確にすることができますよ。

 

 

Sponsored Link

好きなことを仕事にすることは可能?

好きなことを仕事にすることは可能?

 

結論、好きな仕事を仕事にすることは可能。

 

10人に4人は好きなことを仕事にしているというデータがあります。

参考資料:マイナビニュース

 

友人と仕事の話をして楽しそうに仕事の話をする友人は『好きなこと』を仕事にしています。

また仕事に対してやりがいを感じていますね。

 

やりがいを感じれる仕事につくこと』が仕事を楽しむ1番の選択肢

 

やりたくない仕事を辞めたほうがいい3つの条件

やりたくない仕事を辞めたほうがいい3つの条件

 

結論として、『やりたくない仕事を続けるべきではない判断基準』について紹介します。

 

辞めたほうがいい条件

  1. 人間関係が悪い
  2. 自分の成長につながらない
  3. 精神的に追い込まれて辛い

それぞれ解説します。

 

人間関係が悪い

 

人間関係が悪い場合はやりたくない仕事を続ける必要はないです。

  • 同僚
  • 上司
  • 会社の雰囲気

 

上記3つは自分の力では変えようがない。

 

人間関係で悩み、仕事も手につかない。

ストレスで心身共に悪影響が出るくらいなら転職し、人間関係ゼロからスタートしたほうが効率もいいでしょう。

 

自分の成長につながらない

 

自分の成長につながらない』場合はやりたくない仕事を続ける必要はありません。

 

会社内の先輩・上司をみて『数年後に自分はこうなりたくない』と思うなら転職活動をしたほうがいいかもしれません。

 

ハヤマ
20代・30代ならどんな職種にも転職可能なので、積極的に行動しましょう。

 

精神的に追い込まれて辛い

 

やりたくない仕事を続けて、『精神的に追い込まれて辛い』ことは仕事を辞めていい判断基準の1つです。

 

このままやりたくない仕事を続けて、心身ともに壊していくのはもったいない。

 

 

『限界』とは人それぞれが持つライン

他人が決めることではありません。

 

自分が無理と思ったら早めの決断と対策を取りましょう。

 

やりたくない仕事でも続けるべき3つの特徴

やりたくない仕事でも続けるべき3つの特徴

 

次に『やりたくない仕事でも続けたほうがいい人の3つの特徴』を説明します。

 

続けたほうがいい人の特徴

  1. 人間関係が良好
  2. 仕事内容が希望職種に関連している
  3. 将来役に立つスキルが身につく

それぞれ解説します。

 

人間関係が良好

 

『人間関係が良好な場合』は仕事をもう少し続けてみましょう。

上司・同僚ともに人間関係が良い職場はレア

 

心理学的にも『人間関係が良好な場合は人生の満足度が上がる』という研究結果もあります。

 

仕事内容が希望職種に関連している

 

今の仕事が希望職種に関連している』場合は継続したほうがいいでしょう。

 

経験を積み、努力が認められるとやりがいのある仕事をさせてもらえるかもしれません。

 

また希望職種に関連しているのなら基礎を身に着けることもできます。

もう少し働き続けてみましょう。

 

将来役に立つスキルが身につく

 

やりたくない仕事でも、『将来役に立つ経験が積め、スキルが身につく』なら続けたほうがいいです。

 

  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考・問題解決力
  • セールス・集客スキル
  • マネジメントスキル
  • 業界の専門スキル

 

やりたくない仕事でも上記のスキルが身につく可能性があるなら今すぐ仕事を辞める必要はありません。

 

やりたくない仕事を辞めたら幸せになった体験談

やりたくない仕事を辞めたら幸せになった体験談

やりたくない仕事を続けるべきか?』の判断基準について説明しました。

次にやりたくない仕事を辞めた友人の体験談を紹介。

 

元大阪のサラリーマン。

やりたくない仕事が嫌で転職を選択。

 

結論として『転職することで100%悩みが解決するわけではない

 

働いている以上、どの会社でも理不尽は存在。

ですが8割以上の悩みは解決できました。

 

やりたい仕事をやれる。

すると、ちょっとした悩みは気にならなくなります

 

転職を視野に入れている人は『今の仕事を続ける価値』を再確認してみましょう。

頭の中にぱっと浮かばないのであれば転職という選択もありかもしれません。

 

ハヤマ
入社1年目で転職。

何も問題ありませんでした。

転職して良かったという声(Twitter)

 

 

 

 

Twittter内にはやりたくない仕事を辞めて転職して良かったという声が多くありました。

転職せずに我慢している人の意見も多々。

 

転職は行動に移すのが大変ですが転職後に後悔する人は極端に少ないのが特徴。

 

やりたくない仕事に対して転職という選択肢をとる場合

やりたくない仕事に対して転職という選択肢をとる場合

 

やりたくない仕事に対し『転職』という選択をする場合は転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントは転職サイトと異なり担当者が転職のサポートを行ってくれます。

 

事前に転職先の情報を教えてくれます。

そのため、次の仕事先では『やりたくない仕事を続けなければいけない』という失敗を防ぐことができます。

 

転職が初めてで不安だと感じる方は『doda』を利用すれば間違いありません。

 

転職エージェントのdoda

 

dodaの特徴

  1. 求人数が多い(約10万件以上)
  2. 担当者が優しく初めてでも安心
  3. 年収UPにつながる求人が多い

 

上記の理由でdodaが転職者から圧倒的人気。

 

ハヤマ
登録は簡単5分。

もちろん無料で登録・利用可能

 

\初めての転職なら『doda』/

dodaの無料登録はここから>>

転職エージェントの利用方法は下記で解説。

関連記事:
【無料】失敗しない転職エージェント厳選3選【年収・内定率UP可能】

 

まとめ:やりたくない仕事を辞めたほうがいい条件

まとめ:やりたくない仕事を辞めたほうがいい条件

 

本記事では「やりたくない仕事を続けるべきかの判断基準」を解説しました。

 

最後に仕事を続けるべきかの判断基準を再確認しましょう。

 

辞めたほうがいいい条件

  1. 人間関係が悪い
  2. 希望職種に関係していない
  3. 自分の成長につながらない
  4. 精神的に追い込まれて辛い

 

上記に当てはまるなら転職を視野に入れていいかもしれません。

 

限界と感じる判断基準は人それぞれです。

他人の意見など気にせずに自分がどうなりたいかを明確にして行動しましょう。

 

参考資料

本記事で紹介した転職エージェント『doda』は下記内で詳しく説明しています。

【無料】失敗しない転職エージェント厳選3選【年収・内定率UP可能】
【無料】失敗しない転職エージェント厳選3選【年収・内定率UP可能】

 

 

Sponsored Link

-仕事の悩み

Copyright© ハヤマブログ , 2020 All Rights Reserved.