【最新】ビットコインETFは日本で買える?具体的な購入方法を徹底解説

※本ページはプロモーションが含まれています

  • ビットコインETFとは何?
  • ビットコインETFって何が凄いの?
  • ビットコインETFは日本で買える?

ビットコインETF(上場投資信託)は、ビットコインの価格に連動する投資商品として、多くの投資家に注目されています。

ビットコインを直接購入することなく、証券取引所を通じてビットコインに投資できるため、利便性と安全性が魅力です。

本記事では、ビットコインETFの基本概要や日本での現状、海外証券会社を利用した具体的な購入方法、メリットとデメリット、将来的な展望などを詳しく解説します

ビットコインETFに関心を持つ投資家のために、必要な情報を網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

>>ビットコインETFは日本で買える?

この記事情報はchatgptを利用しています。記事内容については各公式サイトをご自身でご確認ください。

目次

ビットコインETFとは?

ビットコインETFは、ビットコインの価格に連動するよう設計された投資商品です。

ハヤマ

ビットコインとビットコインETFは別!

これにより、投資家はビットコインを直接購入する必要がなく、証券取引所で株式のように取引することができます。

ビットコインETFは、ビットコインの価格動向を反映するファンドであり、通常の株式と同様に証券取引所で売買されます。

ビットコインETFの基本概要

ビットコインETFは、投資家にとって簡便で透明性の高い投資手段です。

ETFは、複数の投資家から資金を集め、それをビットコインに投資します。

これにより、個々の投資家はビットコインの価格変動に対する投資を行うことができますが、ビットコインを直接保有する必要はありません。また、ETFは証券取引所に上場されているため、株式と同様に売買することができます。

現物ETFと先物ETFの違い

ビットコインETFには現物ETF先物ETFの2種類があります。

現物ETFとは?

現物ETFは、ビットコインそのものの価格に連動します。

ファンドは実際にビットコインを保有し、その価格変動に基づいてETFの価値が変動します。

現物ETFは、ビットコインの直接的な価値を反映するため、投資家にとって分かりやすい投資手段となります。

現物ETFの特徴

  • ビットコインを直接保有
  • ビットコインの価格に連動
  • 直接的な価値を反映

先物ETFとは?

先物ETFは、ビットコイン先物取引の価格に連動します

先物取引とは?

先物取引とは将来の特定の日時において、特定の価格でビットコインを売買する契約です。先物ETFは、この先物取引の価格に基づいてETFの価値が変動します。

先物ETFは、ビットコインの現物を保有する必要がないため、管理が容易ですが、現物ETFに比べて複雑な仕組みとなります。

先物ETFの特徴

  • ビットコインを直接保有しない
  • 先物取引の価格に連動
  • 管理が容易

ビットコインETFは日本で買える?

現在、日本ではビットコインETFを直接購入することはできません。

日本の金融庁はまだビットコインETFを承認しておらず、国内の証券取引所での取り扱いはありません。

しかし、海外の証券会社を利用することで、ビットコインETFに投資することが可能です。

以下では、海外証券会社を利用してビットコインETFを購入する手順を説明します。

ハヤマ

日本での仮想通貨取引の準備はできる!

今後日本でビットコインETFが利用可能になった時にいきなりビットコインETFに手を出すのはハードルが高くリスクを伴います。

まずはしっかり基礎となるビットコインを少額でもいいので取引し仮想通貨の世界に慣れることが大切です

>>コインチェックでビットコインを始める

ビットコインETFの購入手順

日本国内からビットコインETFに投資するためには、海外の証券会社を利用する必要があります

例えば、米国の証券会社であるFirstrade証券を利用することで、米国に上場しているビットコインETFにアクセスできます。

以下は、Firstrade証券を利用するための基本的な手順です。

STEP
アカウントの作成

Firstradeの公式サイトにアクセスし、新規アカウントを作成します。アカウント作成には、個人情報の入力が必要です。

STEP
必要書類の提出

パスポートなどの本人確認書類を提出します。

また、住所確認のための書類(公共料金の請求書など)も必要です。

STEP
口座の資金振込

日本の銀行口座からFirstradeの口座に資金を振り込みます。

振込方法は、銀行送金やクレジットカードなどが利用可能です。

STEP
ETFの検索と購入:

Firstradeの取引プラットフォームにログインし、ビットコインETFを検索します。購入したいETFを選択し、取引を実行します。

必要書類

  • パスポートなどの身分証明書
  • 住所確認書類(公共料金の請求書、銀行取引明細書など)
  • 銀行口座情報(資金振込用)

日本での仮想通貨取引の準備

ビットコインETFに投資する前に、まず仮想通貨取引の基本を学び、ビットコインの購入や取引を経験することが重要です。

日本で信頼性の高い取引所の一つがコインチェックです。

コインチェックを利用することで、ビットコインやその他の仮想通貨を簡単に購入・取引することができます。

>>コインチェックの口座開設はこちら

ハヤマ

まずは普通のビットコインで練習しよう!

ビットコインETFの購入時の注意点

ビットコインETFを購入する際には、いくつかの重要な点に注意する必要があります。

これらの注意点を理解し、適切に対応することで、投資のリスクを最小限に抑え、効率的な取引を行うことができます。以下に、ビットコインETFの購入時に考慮すべき主なポイントを挙げます。

注意点1:手数料の確認

海外証券会社を利用する際には、取引手数料や口座維持手数料が発生する場合があります。

各証券会社の手数料体系を事前に確認し、コストを把握しておくことが重要です。例えば、取引毎に手数料がかかる場合や、年間で口座維持手数料がかかる場合があります。

注意点2:為替リスク

日本円を米ドルに換えて投資するため、為替リスクが伴います。

為替レートの変動により、投資のリターンが影響を受ける可能性があります。為替リスクを管理するために、為替相場の動向を注視し、必要に応じて為替ヘッジの手段を検討することが有益です。

注意点3:税制の理解

海外で得た利益に対しては、日本の税制が適用されます。ビットコインETFの売却益や配当金は、日本国内での確定申告が必要となる場合があります。

特に、外国税額控除や二重課税の問題について、税務署や専門家に相談し、適切に対応することが重要です。

日本でのビットコインETFの現状

現在、日本ではビットコインETFは承認されておらず、購入することができません。

しかし、米国やカナダなど、海外ではビットコインETFが承認されており、日本でも将来的に承認される可能性があります。日本の法規制や取り扱い状況について詳しく解説します。

日本でのビットコインETFの法規制と取扱状況

日本では金融庁が仮想通貨取引を厳しく監視していますが、ビットコインETFに関する具体的な法整備はまだ整っていません。

現在のところ、ビットコインやその他の仮想通貨に関する投資商品は、一般的に仮想通貨交換業者が取り扱う現物取引に限られています。

日本の証券取引所でビットコインETFが上場されるためには、金融庁による承認が必要です。

これには、十分な透明性、投資家保護のための措置、そして市場の安定性が確保されることが求められます。

ビットコインETFの海外市場との比較

海外では、特に米国とカナダがビットコインETFの先駆者となっています。

米国では、2021年に初のビットコイン先物ETFが承認され、取引が開始されました。カナダでも、同年に初のビットコイン現物ETFが承認されています。

これらの市場では、ETFは規制された環境下で取引されており、投資家はビットコインに間接的に投資する手段として利用しています。

米国では、ビットコインETFの承認が進むにつれて、他の仮想通貨に連動するETFの申請も増加しており、今後も市場が拡大することが期待されています。

カナダでも同様に、ビットコインETFの成功を受けて、イーサリアムを対象としたETFなど、他の仮想通貨に連動する投資商品が登場しています。

日本市場がこれらの海外市場と同様の道を辿るためには、金融庁の規制緩和や市場インフラの整備が必要です。

投資家保護と市場の安定性を確保しながら、ビットコインETFの導入に向けた動きが進展することが期待されます。

ビットコインETFのメリット

ビットコインETFには、ビットコインを直接保有する場合と比較して、いくつかの重要なメリットがあります。

これらのメリットを理解することで、投資家はより効果的な投資判断を行うことができます。

メリット1:簡便な取引

ビットコインETFは、証券取引所に上場されており、株式と同様に取引することができます

これにより、ビットコインを直接保有するためのウォレットの管理や、取引所での複雑な手続きを避けることができます。

メリット2:規制の枠内での投資

ビットコインETFは規制された金融商品であり、証券会社や投資ファンドによって運用されています。

このため、投資家は規制の枠内で安心して投資を行うことができます

メリット3:税制面での優遇

ビットコインETFの売却益は、株式と同様に特定口座で管理することができ、確定申告の手間を省くことができます。また、税率も通常の雑所得よりも低く設定されることがあります。

メリット4:流動性の高さ

ビットコインETFは、証券取引所で取引されるため、流動性が高く、取引が容易です。

これにより、希望するタイミングで売買ができる可能性が高まります。

メリット5:分散投資の機会

一部のビットコインETFは、他の仮想通貨や関連資産と組み合わせた投資ポートフォリオを提供することがあり、分散投資の機会を提供します。

    ビットコインETFのデメリット

    一方で、ビットコインETFにはいくつかのデメリットも存在します。

    これらのデメリットを理解し、リスクを適切に管理することが重要です。

    デメリット1:手数料の発生

    ビットコインETFには、管理手数料や取引手数料が発生します。

    れにより、投資のコストが増加し、リターンが削減される可能性があります。

    デメリット2:売買時間の制限

    ビットコインETFは、証券取引所の取引時間内でしか売買できません

    これに対し、ビットコインそのものは24時間365日取引が可能です。取引時間の制約により、迅速な取引ができない場合があります。

    デメリット3:間接的な保有

    ビットコインETFを通じてビットコインに投資する場合、ビットコインそのものを直接保有するわけではありません。このため、ビットコインの直接的な所有権や管理権限を持つことはできません。

    デメリット4:規制リスク

    ビットコインETFは規制の影響を受けやすい商品です。

    規制の変更や新たな規制の導入により、ETFの運用や取引条件が変更される可能性があります。

    デメリット5:為替リスク

    海外の証券会社を利用してビットコインETFを購入する場合、為替リスクが伴います。

    為替レートの変動により、投資のリターンが影響を受ける可能性があります。

      ビットコイン現物ETFと現物ビットコインの違い

      ビットコイン現物ETFと現物ビットコインは、どちらもビットコインに関連する投資手段ですが、それぞれ異なる特性とメリット・デメリットがあります。

      このセクションでは、税制面、セキュリティリスク、流動性と取引コストの観点から両者の違いを詳しく見ていきます。ビットコインに投資する際には、これらの違いを理解することで、より適切な投資判断を行うことができます。

      違い1:税制面の違い

      ビットコイン現物ETFと現物ビットコインでは、税制面において大きな違いがあります。

      ビットコイン現物ETFは、株式と同様に扱われるため、特定口座を利用することで確定申告が簡便になります。これは、証券会社が税務処理を代行するため、投資家は年間の取引報告書を受け取るだけで済みます。

      さらに、ビットコインETFの売却益は金融所得として扱われ、分離課税が適用されるため、税率は約20%となります。

      一方、現物ビットコインは雑所得として扱われ、高い税率が適用される場合があります

      具体的には、ビットコインの売却益は総合課税の対象となり、他の所得と合算されて課税されます。このため、最高税率が55%に達することもあります。また、確定申告の際には、自分で取引履歴を整理し、正確に申告する必要があります。

      違い2:セキュリティリスクの比較

      ビットコイン現物ETFは、ETF用に保管されたビットコインの価値を取引システム上で売買するため、セキュリティリスクが低減されます。具体的には、ETFの管理は専門の金融機関やカストディアンによって行われ、ビットコインの安全な保管が保証されます。

      これにより、ハッキングや盗難のリスクが大幅に軽減されます。

      一方、現物ビットコインは個人が直接保有するため、ウォレットの管理やハッキングリスクに注意が必要です。個人のウォレットは、セキュリティ対策が不十分である場合、ハッキングによる盗難のリスクがあります。

      また、ウォレットの秘密鍵を紛失した場合、ビットコインへのアクセスを永久に失うことになります。これに対して、ビットコインETFでは、個人が秘密鍵を管理する必要がないため、これらのリスクを回避することができます。

      違い3:流動性と取引コストの比較

      ビットコイン現物ETFは、証券取引所で取引されるため、流動性が高く、取引が容易です。

      証券取引所の取引時間内であれば、いつでも簡単に売買が可能であり、取引コストも明確に表示されます。

      流動性が高いことで、取引が迅速に行えるだけでなく、スプレッド(買値と売値の差)が小さくなる傾向があります。

      一方、現物ビットコインは、取引所の選択や手数料により取引コストが変動する可能性があります

      例えば、仮想通貨取引所ごとに取引手数料が異なり、またスプレッドも取引所によって大きく変わることがあります。さらに、現物ビットコインの取引は24時間365日可能ですが、取引所の流動性が低い時間帯にはスプレッドが広がることがあります。

      これにより、取引コストが予測しづらくなる場合があります。

      ビットコインETFの将来的な展望と予測

      ビットコインETFは世界中で注目を集めており、日本でも将来的に承認される可能性が高まっています。このセクションでは、日本でのビットコインETF承認の可能性と、世界的な動向が日本市場に与える影響について考察します。

      日本でのビットコインETF承認の可能性

      日本でのビットコインETF承認の可能性について、最新の規制動向や業界の意見を紹介します。

      現在、日本ではビットコインETFは承認されていませんが、金融庁や関連当局が仮想通貨の取り扱いに対する規制を強化しつつあります。これにより、ビットコインETFの承認に向けた議論が進むことが期待されています。

      金融庁は、投資家保護や市場の健全性を確保するための厳格な基準を設けています。ビットコインETFの承認には、透明性の高い運用と管理、リスク管理体制の整備、適切な情報開示が求められます。

      現在、いくつかの金融機関や投資ファンドがビットコインETFの承認を目指して申請を行っており、今後の動向に注目が集まっています。

      ビットコインETFの世界的な動向と日本への影響

      世界的にビットコインETFが承認されている状況を紹介し、それが日本市場に与える影響について考察します。特に、米国やカナダでのビットコインETFの成功事例が日本市場に与えるインパクトについて説明します。

      米国では、2021年に初のビットコイン先物ETFが承認され、取引が開始されました。

      この動きは、ビットコイン市場に対する投資家の信頼を高め、取引量の増加と価格の安定化に寄与しています。さらに、カナダでは、同年に初のビットコイン現物ETFが承認されており、こちらも成功を収めています。

      これらの成功事例は、日本市場に対してもポジティブな影響を与えると考えられます。米国やカナダでのビットコインETFの成功は、日本の規制当局や投資家に対して、ビットコインETFの導入が市場にとって有益であることを示す一例となっています。

      また、グローバルな投資トレンドの一環として、日本でもビットコインETFに対する関心が高まることが予想されます。

      ビットコインETFに関するよくある質問

      ビットコインETFに関するよくある質問とその回答をまとめました。この情報を通じて、ビットコインETFに対する理解を深め、より効果的な投資判断を行うための参考にしてください。

      ビットコインETFとは何ですか?

      ビットコインETF(上場投資信託)は、ビットコインの価格に連動する投資商品です。投資家はビットコインを直接購入することなく、証券取引所を通じてビットコインに投資することができます。ETFは規制された環境で取引され、証券会社や投資ファンドによって運用されます。

      ビットコインETFのメリットは何ですか?

      ビットコインETFのメリットには、取引の簡便さ、税制面での優遇、流動性の高さ、そして規制された環境での取引が含まれます。投資家はウォレットの管理やセキュリティリスクを避けることができ、特定口座を利用することで確定申告が簡便になります。

      日本ではビットコインETFを購入できますか?

      現時点では、日本ではビットコインETFは承認されておらず、国内で購入することはできません。ただし、海外の証券会社を利用することで、米国やカナダなどで上場されているビットコインETFに投資することは可能です。

      海外証券会社を利用する際の注意点は何ですか?

      海外証券会社を利用する際には、手数料の確認、為替リスク、税制の理解、信頼性のある証券会社の選定、そして流動性の確認が重要です。また、必要書類として身分証明書や住所確認書類、銀行口座情報が必要です。

      ビットコインETFと現物ビットコインの違いは何ですか?

      ビットコインETFは、ビットコインの価格に連動する投資商品であり、証券取引所で取引されます。現物ビットコインは、投資家が直接保有する仮想通貨です。税制面、セキュリティリスク、流動性や取引コストの観点で違いがあります。ビットコインETFは税制面で有利で、取引が簡便である一方、現物ビットコインは24時間取引が可能で直接保有による価値を持ちます。

      ビットコインETFの売買手数料はどのくらいですか?

      ビットコインETFの売買手数料は、利用する証券会社によって異なります。通常、取引毎に手数料がかかるほか、ETF自体の管理手数料も発生します。具体的な手数料は証券会社のウェブサイトや取引プラットフォームで確認することが重要です。

      ビットコインETFの将来的な展望はどうですか?

      ビットコインETFの将来的な展望については、日本での承認の可能性や世界的な動向に注目が集まっています。米国やカナダでの成功事例は、他国におけるビットコインETFの導入を促進する可能性があります。日本でも規制の整備や市場の成熟により、将来的にはビットコインETFが承認されることが期待されています。

      まとめ:ビットコインETFは日本で買える?具体的な購入方法

      ビットコインETFは、ビットコインの価格に連動する上場投資信託であり、投資家にとって便利な投資手段です。

      しかし、現時点では日本でのビットコインETFは承認されておらず、日本国内で直接購入することはできません。投資家は海外の証券会社を利用することで、ビットコインETFに投資することが可能です。

      具体的な購入方法として、米国のFirstrade証券を利用する手順を紹介しました。アカウントの作成、必要書類の提出、口座への資金振込、そしてビットコインETFの検索と購入というステップが必要です。

      購入時の注意点

      • 手数料の確認
      • 為替リスク
      • 税制の理解
      • 信頼性のある証券会社の選定

      これらの点に留意することで、リスクを最小限に抑えながら投資を行うことができます。

      将来的には、日本でもビットコインETFが承認される可能性があり、今後の動向に注目が集まります。適切な情報を基に、より良い投資判断を行ってください。

      URLつけてくれたら引用フリーです。
      • URLをコピーしました!
      目次