メタバースとNFT,仮想通貨との関係とは?小学生もわかるように解説

悩多 困男

メタバースとNFTの関係とは?
よくわからん(泣)

上記お悩みを解決します。

本記事の内容

  1. メタバースとは何か?簡単解説
  2. メタバースとNFT,仮想通過の関係
  3. メタバース内でのNFT活用例
  4. メタバースの始め方

本記事ではメタバースとNFT,仮想通貨との関係とは?小学生もわかるように解説

メタバースはブルーオーシャン。

ライバルが少ないのでメタバースド素人でも作業量次第で初月から2万円ほど稼ぐことも可能ですよ。

目次

メタバースとは何か?簡単に解説

メタバースとは何か?簡単に解説
メタバースとは何か?簡単に解説

メタバースとは、
インターネット上に作られた3Dの仮想空間

『メタ(超)』×『ユニバース(宇宙)』

勘違いしている方が多いですが、メタバースはゲームや通貨の名前ではありません。

メタバースを利用したサービス

  • あつまれ どうぶつの森
    →自分の分身(アバター)で他ユーザーと交流可能
  • マインクラフト
    →仮想世界の中で建築や冒険が楽しめる

ネット上で別世界が構築されており、他ユーザーとの交流が可能となっています。

上記のように例を挙げるとわかりやすいと思います。

もっとメタバースについて知りたい方は下記記事を参考に。

メタバースでは何ができるのか?

メタバースにブロックチェーン技術を組み込んだことで以下のようなことが可能になりました。

  • 非日常的な体験ができる
  • NFTのキャラクターなどを取引可能

具体的なゲームを例に挙げて解説していきます。

メタバースのゲームの1つ『The Sandbox』。

『The Sandbox』は、イーサリアムブロックチェーンを基盤にしたNFTゲーム。

メタバース内の土地(ランド)やアバター、アイテムなどがNFT化され、ユーザーはメタバース内で非日常的な体験が可能です。

またユーザーはNFTを構築・所有し、マーケットプレイスで売買することで収益化が可能。

>>メタバースの始め方+収益化の方法

メタバースとNFT,仮想通貨の関係

メタバースとNFT,仮想通貨の関係
メタバースとNFT,仮想通貨の関係

次にメタバースとNFT,仮想通貨の関係を説明。

『NFTとは何か?』を最低限理解していないと2つの関係を理解することは不可能です。

NFTについては下記記事で詳しく解説しています。

NFTはメタバース内のアイテム等で利用

NFTはメタバース内(主にゲーム)で取引されているアイテム等に利用されます。

  • ゲーム内キャラクター
  • ゲーム内の土地(LAND)
  • ゲーム内の装飾品

上記すべてNFTとして取引されます。

本記事の後半で具体的なゲームの例を出しているのでそちらを見るとわかりやすいと思います。

悩多 困男

んっ?
なぜNFTが必要なの?

NFTが利用される理由はメタバースの問題・課題を解決することができるから

メタバースと仮想通過・NFTの関係を説明するためにはメタバースの問題・課題を解説していきます。

メタバースの問題と課題

メタバースには以下のような問題があります。

メタバース内の問題点

  • デジタルコンテンツの売買ができない
  • 不正コピーの危険性

メタバース内のアイテムが無限に複製可能だと、そのアイテムに資産価値は0。

そこでメタバースの問題を解決するために代替不可能なトークンであるNFTを利用します

メタバースと仮想通過・NFTの関係

メタバースと仮想通過・NFTの関係
メタバースと仮想通過・NFTの関係

NFTはアートやゲーム内のアイテムなどの資産に取引時の情報や作者の情報を追記することができるデジタル資産

メタバース内でNFTを利用すると取引データが常に複数のコンピューターに共有されるため、改竄・複製が不可能になり、データの信ぴょう性が保証される。

その結果、メタバース内のアイテムなどのデータに資産価値を持たせることが可能になります。

そのNFTとして取引されるアイテムやキャラクターを購入するのに仮想通過(ビットコインやイーサリアム)が必要になります。

ハヤマ

具体例を見た方がわかりやすいかも!

メタバース内でNFTが
どのように利用されるのかを解説!

メタバース内でのNFTの活用方法

メタバース内でのNFTの活用方法
メタバース内でのNFTの活用方法

メタバース内でのNFTの活用方法は主にNFT化したアイテムや武器、土地などの取引に利用になります

それぞれのメタバース内で販売されているアイテムはNFT(代替不可能)となっており改竄・複製は不可能。

具体的にゲームの例を挙げながら見ていきましょう。

NFTの利用例①:THE SANDBOX

THE SANDBOX
THE SANDBOX

『TheSandbox』は、イーサリアムブロックチェーンを基盤にしたNFTゲーム。

ソフトバンクが『TheSandbox』に105億円出資したのがきっかけで日本でも有名になりました。

メタバース内の土地(ランド)やアバター、アイテムなどがNFT化。

NFTの利用例②:Axie Infinity

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)
Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、個人的に激推しのNFTゲーム。

空想の生き物であるAxie(アクシー)を育て、繁殖、戦闘、取引することで収益化が可能。

稼ぎやすさNo.1と言っても過言ではありません。(初心者でも月2万くらいなら余裕)

NFTの利用例③:Decentraland

Decentraland
Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムブロックチェーン上のメタバース。

この世界では『MANA』というトークンを使用。

MANAトークンは、メタバース内のマーケットでアバターや装飾品、土地(LAND)などの取引に利用可能。

メタバースの始め方を簡単解説

メタバースの始め方を簡単解説
メタバースの始め方を簡単解説

本記事ではメタバースゲームをメタバース初心者でも稼ぎやすいAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)と仮定して流れを解説。

メタバースを始める流れ

  1. Coincheckで口座を開設してイーサリアムを購入
  2. メタマスクをインストール
  3. Axie Infinityでアカウントを作成
  4. Ronin Walletを作成
  5. 公式マーケットでAxieを3体購入
  6. Axie Infinityアプリをイントロール

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)は、ゲームを始めるためには空想の生き物であるAxie(アクシー)を3体購入する必要があります。

Axie Infinityの公式マーケットはイーサリアムでAxie(アクシー)を購入可能なので、Coincheckでイーサリアムを購入しておきましょう。

コインチェックの登録は審査があり、数日がかかるので早い段階で審査に申し込む事で効率UP!

下記記事でメタバース(ゲーム)の始め方を画像付きで解説してるので思考ゼロで真似するだけでOKです。

まとめ:メタバースとNFT,仮想通貨との関係

まとめ:メタバースとNFT,仮想通貨との関係
メタバース×NFT

メタバースにNFT(ブロックチェーン技術)を利用することで取引データが常に複数のコンピューターに共有されるため、改竄・複製が不可能になり、データの信ぴょう性が保証される。

メタバース内の土地(ランド)やアバター、アイテムなどがNFT化されることで、ユーザーはメタバース内で非日常的な体験が可能です。

ユーザーはNFTを構築・所有し、マーケットプレイスで売買することで収益化も可能になる。

URLつけてくれたら引用フリーです。
  • URL Copied!
目次
閉じる