【禁断】NFTアート転売のやり方・利益を出す方法をこっそり紹介

悩多 困男

NFT転売は稼げる?
転売のやり方を教えて!

上記お悩みを解決します。

本記事の内容

  1. NFT転売のやり方
  2. NFT転売は禁止されている?
  3. NFT転売は稼げるのか?
  4. NFT転売する際のよくある質問

本記事は【禁断】NFTアート転売のやり方・利益を出す方法をこっそり紹介。

これからNFTアートをはじめたい方は簡単真似するだけでOKです。

ハヤマ

筆者はメタバース・NFTオタクなので、かなり最新の情報を記載してます!

目次

NFTアート転売で稼ぐ方法

NFTアート転売で稼ぐ方法

NFT転売で稼ぐ具体的な方法は2つ。

NFT転売で稼ぐ2つの方法

  • NFTを安く買って高く売る
  • NFTを長期保有して値上がりを待つ

NFTアートの値段の推移を見る方法

NFTアートの値段の推移
NFTを安く買って高く売る

基本的に転売なので『安く買って価格売る』のが基本になります。

上記はマーケットプレイスのopenseaの商品画面の画像。

price Historyを見るとその商品の値段の推移を見ることができます。

NFTも市場拡大は凄まじく、1万円のNFTが数十倍,数百倍の値段で取引されることも珍しくありません

NFT転売で稼ぐ2つの方法

  • NFTを安く買って高く売る
  • NFTを長期保有して値上がりを待つ

個人的にですが、NFTアートは長期保有がおすすめです。

NFTを安く購入し、すぐに売ってもガス代(手数料)を考慮すると利益は雀の涙程度

これから伸びそうな絵(低額)を見極める能力が必要になります。

これから伸びるNFTアートとは

これから伸びそうな絵を見極める能力が必要と言いましたが、アートの世界は素人が何が伸びるかを判断するのかはかなり難しい。

そのため伸びる絵はプロの意見を参考にするのも方法の1つ。

下記のような人のTwitterをチェック

  • NFTに詳しい人
  • 有名アーティスト

有名アーティストさんがいいね等のアクションを行なっているアーティストさんはこれから伸びる可能性が高いので要チェックです

有名アーティストさんのNFTアートは金額が高すぎて手が出ません(泣)

NFTアート転売のやり方

NFTアート転売のやり方

NFTを転売する流れは、超簡単に言うと、
『NFTを買って、売る!』

ただそれだけ。

まずはNFTアートを購入する方法を解説。

NFTアートを購入する方法

まずはNFTアートを転売するためにNFTアートを購入しましょう

【NFTアート購入の流れ】

  1. コインチェックで口座開設
  2. イーサリアム(仮想通過)を購入
  3. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  4. OpenSeaの登録
  5. OpenSeaでNFTアートの購入

NFTアートは日本円で購入できないので、コインチェックなどの取引所で仮想通過を購入する必要があります。

ハヤマ

コインチェックは
銀行振込なら手数料無料!

ちょっとごちゃごちゃしてますが、下の記事ではNFTアートの購入の流れを画像付きで解説してるので同時進行で行えば5分ほどで完了です

毎月数百アクセスがある人気記事なので、ぜひ参考に。

NFTアートを売る方法

次に購入したNFTアートを出品しましょう。

NFTアートの出品方法

  1. 【重要】事前準備(済)
  2. 専用ウォレットの設定(済)
  3. openseaにアクセス
  4. コレクション内のNFTを出品

事前準備はコインチェックで口座開設の事。

NFTアートの出品にはガス代と呼ばれる手数料があるので出品側も仮想通貨を少し購入する必要があります

ハヤマ

NFTを購入する方法』で購入してると思うのでここでは省略します。

opensea内のコレクションに購入したアートがあると思うので値段を決めて出品するだけで完了。

NFT転売は禁止されている?

NFT転売は禁止されている?
NFT転売は禁止されている?

正規で購入し、NFTアートを売るのは何も問題ではありません

ですが、著作権侵害などNFTアートを取引する上で注意しなければならないこといくつか存在します。

著作物の転売行為は絶対にNG

著作権侵害のNTF作品を転売した場合は、相応の法的処置が課せられます。

NFTは法整備が整っていないのが課題

NFTは2017年から急激に普及。そのため法律的に未整備な部分があるのが事実。

ビットコインなど暗号資産は、お金と同様に決済利用可能。そのため資金決済法により規制されました。

ですがNFTは資金決済法のような法律で定義がありません。

事実、NFTの世界では法的整備が間に合っておらず、自分の著作物ではないものをNFT化して取引するようなことも横行していたりします

資金決済法とは

資金決済に関する法律(資金決済法)は、情報通信技術の発達や利用者ニーズの多様化等の資金決済システムをめぐる環境の変化に対応して、前払式支払手段、資金移動業及び認定資金決済事業者協会等を内容として、2010年4月1日に施行されました。

引用元:一般社団法人日本資金決済業協会

NFT転売でやってはいけないこと

NFT転売でやってはいけないこと
NFT転売でやってはいけないこと

NFT転売をやる上でやってはいけないことは、いくつかありますが例えば作品のコピーです。

ポケ○ンの画像をNFT化して販売するなどはNGで、権利侵害作品に注意する必要があります。

NFTアートが第三者のこんつんつ要素を取り入れている場合は、作者からの許諾取得を含めた確実な権利処理が必要となります。

著作権侵害になるので、相応の法的処置が課せられますので注意が必要です

NFT転売は稼げるのか?

上記青汁王子の動画ですが、リスナーで1億人稼いだ方もいると発言してます。

NFTも市場拡大は凄まじく、1万円のNFTが数十倍,数百倍の値段で取引されることも珍しくありません

NFTを半年保有したら1ETH上がったとと聞いてショボく感じるかもしれませんが、1ETHって日本円では300,000円ほどします(2022年2月)。

これからのNFT市場の拡大について

これからのNFT市場の拡大について

メタバースはNFTの技術を利用した仮想空間のことですが、市場は2028年には約20倍ほど拡大すると言われています。

市場が拡大=NFTの参入が増える。

つまりNFTの需要が高まると言うことです。

NFTアートで稼ぐこと(転売)はこれからもっと稼げるようになる可能性があります。

ハヤマ

ライバルが少ない内に
1万円分でもいいからNFTアートを買っておくのもありです!

まとめ:NFT転売のやり方

まとめ:NFT転売のやり方

NFT転売の基本は安く購入し、保管。
その後高く売る。

【NFTアート購入の流れ】

  1. コインチェックで口座開設
  2. イーサリアム(仮想通過)を購入
  3. イーサリアムをMetaMaskへ送金
  4. OpenSeaの登録
  5. OpenSeaでNFTアートの購入

NFTアートの出品方法

  1. 【重要】事前準備(済)
  2. 専用ウォレットの設定(済)
  3. openseaにアクセス
  4. コレクション内のNFTを出品

まずは1万円分でもいいのでライバルが少ない内にNFTアートを所有してみましょう。

その1万円が数十倍に跳ね上がるかもしれません。

URLつけてくれたら引用フリーです。
  • URL Copied!
目次
閉じる