NFTと暗号資産(ビットコインなど)の違いを世界一分かりやすく解説

悩多 困男

NFTとビットコインの違いは?
てかNFTって何??

上記お悩みを解決します。

  1. NFTとは?暗号資産とは?
  2. NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産(ビットコインなど)は全く違います。

本記事ではNFTと暗号資産(ビットコインなど)の違いを世界一分かりやすく解説

ハヤマ

NFTで稼ぐ具体的方法も解説!
ぜひ参考に〜

目次

NFTと暗号資産(ビットコインなど)の違い

NFTと暗号資産(ビットコインなど)の違い
NFTと暗号資産(ビットコインなど)の違い

冒頭でも述べましたが、NFTと暗号資産は全く違います

NFTを購入する過程で暗号資産を利用。

まずは『NFT』と『暗号資産』のそれぞれの説明を行います。

【大前提】NFTとは?

【大前提】NFTとは?

NFTとは主にイーサリアム(暗号資産)のブロックチェーン上で構築できる代替不可能なトークン

【単語解説】

・イーサリアム
・・・暗号資産の1つ

悩多 困男

さっぱり分からん!
代替不可能なトークンとは??

噛み砕いて説明しますね!

イメージしやすく言うと、
NFTの特徴は唯一無二の証明

NFTを利用することでコピーしたデータに価値はなく、所有権の情報があるNFTは一点物の価値を持ちます。

そのため、NFTアートは「このコンテンツの持ち主が自分である」ことを証明可能にします。

一般に言われるNFTとはNFTアートのことですね。

NFTの特徴(代替不可能)をもったアート。

つまり、唯一無二であり、複製ができないアートのことをNFTアートと呼びます。

暗号資産(ビットコインなど)とは?

暗号資産(ビットコインなど)とは?
暗号資産(ビットコインなど)とは?

暗号資産はインターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用できるもの。

一般的な通貨がお札や効果など物体があるのに対して、暗号資産は物体はありません。

世界で共通した通帳があるだけです。

ですが、暗号資産は『商品等の対価として使用できる』のでイメージとしては目に見えないお金に近いかもしれません。

ビットコインは暗号資産の1つになります。

【暗号資産の例】
ビットコイン,イーサリアムなど

先ほども述べましたが、NFTアートを購入する際にも暗号資産を利用します。

まとめ:NFTと暗号資産の違い

NFT(NFTアート)とは
・・・NFTの特徴(代替不可能)をもったアート。

暗号資産とは
・・・インターネットを通じて不特定多数の間で商品等の対価として使用できるもの

上記2つはまったく違いますね。

NFTアートを購入する際にも暗号資産を利用するのでまったく別物。

ここで注意して欲しいのがNFTの取引では暗号資産の1つであるビットコインが利用できないこと。

NFTの取引でビットコインは使えない

NFTは暗号資産で取引することは先ほど説明しました。

暗号資産の中ではビットコインが有名かと思いますが、NFTの取引ではビットコインは利用できません。

NFTの取引で利用される暗号資産

NFTの取引は暗号資産(イーサリアム)が利用されます。

悩多 困男

なぜビットコインではなく、
イーサリアムが使われるの??

NFTでイーサリアムが利用される理由は、
取引時の利益やデータをブロックチェーン上に記録するため。

イーサリアムの大きな利点は、ブロックチェーン上にアプリケーションを記録したり、契約の内容を保存したりできることです。

上記機能はビットコインにはありません。

その結果、所有権や本物であるかを証明することが可能になり、アート作品の唯一性を証明することが可能。

ハヤマ

NFTの取引ではイーサリアムが使われることだけ知ってればOK!

イーサリアムはNFTを購入する側,販売する側ともに必要になります。

  • 購入者・・・購入費用
  • 販売者・・・出品手数料(初回)

イーサリアムの購入方法

イーサリアムはコインチェックで購入可能。

コインチェックでは銀行振込での入金手数料は無料(振込手数料は自己負担)

審査に2~3日かかるのでNFTを始めてみようと思っている方は事前にコインチェックで口座開設しておくと効率よく始めることが可能です。

URLつけてくれたら引用フリーです。
  • URL Copied!
目次
閉じる