【最新】NFTはなぜヤバイ?メリットと具体例を3分で簡単に解説

悩多 困男

・NFTの何がすごいの?
NFTって耳にするけど難しすぎる
・NFTで大金稼ぎたい!

このようなお悩みを解決します。

この記事を読むことでNFTの凄さを身に染みて実感できるはず

以前このようなツイートをしました。

NFTがヤバイのは話題になっているので理解している人は多いと思いますが、『なぜNFTがヤバイのか』を説明できるのはごく僅か。

本記事では『NFTのメリットと具体例』を3分ほどで簡単に解説していきます。

目次

NFTのメリット

NFTのメリット
NFTのメリット

NFTのメリットは大きく以下3つ。

  • 唯一性を証明可能
  • データに付加価値を付与可能
  • 誰でも作成可能(小学生でも可能)

他にもメリットはありますが、本記事では超簡単に解説なのでとりあえず3つをピックアップして解説していきます。

唯一性を証明可能

NFTはブロックチェーンにより、トークンが唯一性を証明。

NFTには替えがない(一点物)ので希少性も上がり、自動的に価値も上がります。

【NFTをアートで活用】

アート作品にNFTを活用することで作品に希少価値を持たせることが可能。
そのため、改ざんや複製を防ぐことが可能になりました。

データに付加価値を付与可能

NFTは付加価値を付与可能(プログラマビリティ)。

一番わかりやすい付加価値が作品売買後に、さらにNFTが売買されると購入代金の一部が自動的に自分に振り込まれるという付加価値。

他にも、トークンの保持数に応じてアーティストとの食事会や、新作を優先的に購入できる権利特典など付加価値を付与可能になります。

プログラマビリティとは

さまざまな付加機能をデータにプログラムできることをいいます。

プログラマビリティを利用することで、NFTの作者は2次流通時の手数料や取引数量の制限などを事前にプログラムすることが可能になります。この機能を活用することで、NFTが作者の手元を離れても、「流通時には購入代金の一部が作者に振り込まれる」というような仕組みを作ることができます。

引用元:coin check

誰でも作成可能(小学生でも可能)

以前、このようなツイートを行いました。

小学生の絵(NFT)が170万円ってヤバイですよね。小学生にできるなら誰でもできます。

実際にNFTを販売する流れ(無料)は以下で詳しく解説しています。

NFT利用の具体例

NFT利用の具体例
NFT利用の具体例

NFT利用の具体例は多く存在しますので本記事ではわかりやすい事例をピックアップしてご紹介します。

NFT利用の具体例:アート

参照元:IT media ビジネス ONLINE

2021年3月にデジタルアート作家『Beeple』さんのデジタルアート『EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS』がオークションにて約75億円で落札。これはNFT史上最高額となり話題になりました。

日本ではVRアーティストのせきぐちあいみさんの作品『Alternate dimension 幻想絢爛』が約1,300万円で落札され話題を集めました。

NFT利用の具体例:スポーツ

2021年3月にバスケットボールのNBAプレイヤーのレブロン・ジェームズ選手のダンクシュート映像がNFT化。その結果、約2約2,400万円で売却されました。

他にもNBAのデジタルトレーディングカードゲーム『NBA Top Shot』のNFTの取引総額が約900億円を記録した事例もある。

NFT利用の具体例:漫画

(c)2021, Eiichiro Oda /Shueisha Inc. All rights reserved.

集英社が、人気漫画ONE PEACEの活版印刷作品をNFT化して販売することを2021年9月に発表しました。

メルカリには500,000万円以上で取引されていました。この高額の理由もNFTの持つ唯一性が原因でしょう。

参照元:株式会社集英社「集英社マンガアートヘリテージ、尾田栄一郎『ONE PIECE』活版印刷作品を販売開始」

NFT利用の具体例:ツイート

2021年3月22日、Twitter共同創業者兼CEOのジャック・ドーシー氏は自身の初ツイートのNFTをオークションに出品し。その結果、約3億1,700万円で落札されました。

絵など所有できる物ではなく、『ツイート』という価値を付与することが困難なものに価値付与するのはNFTならではの特徴。

【まとめ】NFTのメリットと具体例

【まとめ】NFTのメリットと将来性

NFTのメリットは大きく以下3つ。

  • 唯一性を証明可能
  • データに付加価値を付与可能
  • 誰でも作成可能(小学生でも可能

小学生の絵(NFT)が170万円ってヤバイですよね。小学生にできるなら誰でもできます。

実際にNFTを販売する流れ(無料)は以下で詳しく解説しています。

URLつけてくれたら引用フリーです。
  • URL Copied!
目次
閉じる